高校留学

アメリカ

アメリカ高校制度について

アメリカ高校留学制度について   お問い合わせ

アメリカは公立校へ通う交換留学と、私立の寮制校への私費留学があります。双方とも受け入れ体制が整っていて、とても留学しやすく人気のある国です。教育制度は、日本と同じように中・高が6学年で、高校課程を修了すると卒業証書を得ることができまアメリカは公立校へ通う交換留学と、私立の寮制校への私費留学があります。双方とも受け入れ体制が整っていて、とても留学しやすく人気のある国です。教育制度は、日本と同じように中・高が6学年で、高校課程を修了すると卒業証書を得ることができます。交換留学では、留学生を受け入れるのはすべてボランティアホストファミリーです。アメリカの現地家庭に滞在し、地域の公立高校に通います。私立は、校風によって入学基準もさまざまなので広い選択の幅があります。す。交換留学では、留学生を受け入れるのはすべてボランティアホストファミリーです。アメリカの現地家庭に滞在し、地域の公立高校に通います。私立は、校風によって入学基準もさまざまなので広い選択の幅があります。

    学年
  • 公立・私立を問わず、一般的にアメリカの高校は9〜12年生までとなっています。9年生がフレッシュマン(Freshmen)、10年生がソフモア (Sophomore)、11年生がジュニア(Junior)、12年生がシニア(Senior)と呼ばれます。日本ですと、9年生が中学3年生、10年 生が高校1年生、11年生が高校2年生、12年生が高校3年生になります。日本からの留学生の多くは日本の中学校を卒業している為、10年生から入学を希 望される方が多いのですが、多くの私立高校はカリキュラムや生活環境への順応を考えて9年生からの入学を推奨しています。
    授業
  • 日本の高校と違い、生徒は科目ごとに別々の教室に移動し、授業を受けるようになっています。 そのため、授業と授業の合間の廊下は生徒たちの移動でにぎやかです。 アメリカは遅刻にとても厳しく1分でも遅れるとその授業が受けられないこともあります。 個人の意志が尊重される授業は、宿題と発表と討論が主となっています。個人やグループによる研究発表や討論の機会に加え、先生からも発言が求められます。
    単位制
  • アメリカの高校は、日本の大学のような単位制をとっています。履修単位は最低と最高の枠があり、科目は必修と選択の別があります。1年間に習得しなければ ならない最低単位があり、これを満たすことが進級の条件です。生徒は学期の初めに、科目登録をします。学校には、アドバイザーの先生がいて、履修登録の相 談に乗ってくれます。選択科目として用意される科目は、学校によってかなり違いがあり、芸術分野に力を入れている学校、職業訓練的科目がたくさんある学校 など、さまざまな特徴があります。
    その他
  • アメリカ高校留学に関して、このホームページに掲載されていない事につきましては、どんな小さな事でもかまいませんのでお気軽にお問合わせください。
お問い合わせ